シミは顔の印象に関係あり!皮膚科で治療を受けて美肌を手に入れよう

今日からあなたも美肌美人

クリアな肌を目指して

医師

皮膚科でシミを取り除きたい場合には、実費の負担となってきます。またレーザーでの治療、外用薬での治療が主となってきます。施術費用が異なってきますので、施術内容も含めて検討し、ご自身の判断でクリアな素肌を目指しましょう。

薬による治療もある

頬を触る人

シミを皮膚科で治療する時は、レーザーを当てる方法があります。レーザーにはいろいろな種類があり、相場も異なっています。比較的安い場合で3000円程度、高くなると1万円を超えます。費用の高い方法は、皮膚へのダメージが小さいです。

顔の印象を若くする

女性

顔の印象を若くする

普段はあまり気にならなくても、鏡をじっくり見てみると顔中にシミができていることもありますが、これは老化現象の一種でもあります。そもそもシミはメラニンが肌に色素沈着してできるものです。直接的な原因は紫外線だとされていますが、それ以外にも老化やホルモンバランスの乱れなどが原因でできることがあります。種類によって適切な治療法も変わってきますので、自己ケアだけではなく、専門家に診てもらうことが改善への近道でもあります。顔のシミを取る方法としては、美容外科などでレーザー治療をするというイメージを持ちの方もいますが、内服薬や外用薬などを用いて治療する方法も効果的です。美容外科や美容皮膚科でレーザー治療を受ける前に、まず薬を服用してみるというのも方法の一つです。効果のある薬は医薬品でもありますから、専門医が種類を特定して処方する必要があります。即効性があり効果の高い薬に関しては、高濃度で作られていることが多いです。そのため、副作用が生じることもありますから、十分注意が必要です。外用薬の中で、効果があるといわれている代表的な薬がハイドロキノンです。漂白作用が強いので、色素沈着したメラニンを排除することができます。高濃度でできていますから、シミ以外の部分に付着してしまうと肌の色素が変わってしまうこともありますので、気をつけましょう。また、皮膚のターンオーバーを促進する効果のあるトレチノインもシミに効果的な薬です。どちらの薬も効果が高く、高濃度で配合されていますので、使用上の注意をしっかりと理解してから使用する必要があります。内服薬として代表的なものがトランサミンです。メラノサイトをブロックして、メラニンの発生を抑制する効果がありますので、シミ予防にも効果的でしょう。ビタミンCの中でもビタミンC誘導体はメラニンに直接働きかける効果がありますので、内服することでシミ取りにも有効です。皮膚科で処方されるシミの薬の種類は豊富にありますが、美容目的で行う場合は保険がきかないことがほとんどです。しかしシミの種類によっては皮膚科でも保険内で治療ができることもあります。皮膚科で治療を受ける場合には、どの様な治療を行うかによっても費用が大きく変わってきますから、実際に治療を行う前に医師と相談しながら、治療内容を決めていきましょう。シミの種類にあった治療を行わなければ効果が見られない場合もありますので、自己ケアで効果がなかった場合は皮膚科で診てもらうのが一番です。

本格的に改善するなら

レディ

シミを消すためにはサプリメントや美白コスメも役立ちますが、より高い効果を得るのであれば皮膚科での治療もおすすめです。治療方法は内服薬や外用薬に加えて、ケミカルピーリングやレーザー照射による施術などがあげられます。

高度な治療を体感しよう

カウンセリング

シミを改善させるなら美容皮膚科を受診し、照射治療や外用薬での治療を受けることが一番有効な手段です。初めての方はどういった治療を選択すれば良いのか戸惑うかもしれませんが、初診時のカウンセリングで適切な治療法を提案してくれます。